就寝前に脳内会議するなら日中に瞑想しよう

こんにちは、のまち(@bokunomad)です。

最近寝る時に限って脳内会議が始まって、結論が出たと思ったら次の議案。そして永遠に解決せず。気がついたら3時間ぐらい時間が経ってる…ってことがよくあります。

寝る前の脳内会議っていろいろアイデア出るんですけど、だいたい起きたら7割ぐらい忘れてるんですよね笑。いちおう枕元にペンとメモ用紙置いてるんですけど、寒くて全く書いていないという。

アイデアは夢の彼方に消えるし、睡眠時間は減るしと良いことなしなので何とかしたいと思い、いっそのこと明るい時間に脳内会議の状況を再現しようと思い瞑想を始めてみました。

スポンサーリンク

瞑想もどきで良い

瞑想といってもガッツリお香を焚いて、BGMを用意して、服装もそれっぽく…みたいなことはする必要はありません。静かなで暗めの空間で目を閉じてゆっくりと自分の中で考える空間があれば十分です。

用意することにこだわると、始まりませんからね。パッと始められることが大切です。

始めたら好きなだけ脳内会議をしましょう。そして終わりたいときに終わればいいんです。何分やらないといけないという制限なんてありません。私の場合はすぐにパソコンに向かって思いつくままに出たアイデアや考えていた方法などをテキストに書き出します。すぐに頭から抜けていっちゃうんで笑

環境によると静かな空間で暗い環境を用意するのが難しい場合があります。そんなときはアイテムを使って強制的に空間を作り出しましょう。環境がないなら作ればいいんです。

Amazonで揃う瞑想もどきアイテム

まず買いたいのは「耳栓」です。最低限これさえあれば多少の環境音や耳障りな音を遮断できるので一気に瞑想もどきがやりやすくなります。オススメは「睡眠の質もこれでグレードアップ!実際に使ってみた中から最強の耳栓を選出したよ」にて書いたスパークプラグです。

次に持っておきたいのが「アイマスク」です。目を閉じてもどうしても光を感じるならいっそのこと光も遮断しましょう。100均のもいいですが、ちょっとだけお金を出すと肌触りの良いアイマスクが買えますよ。似たラインナップでEM-452がありますが、こちらのEM-451の方が鼻周りが立体的になっていてフィットするのでオススメです。

あとは必要なら「ヨガマット」を用意するといいでしょう。ヨガマットの上でやるといかにもやるぞっていう気持ちの切り替えができます。こちらも「13mmの安心感。Amazonヨガマットが再入荷しましたよー。」にて以前紹介した13mmの厚みがあるやつをオススメします。

それでは、就寝前に脳内会議するなら日中にしようの記事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを