【本気で稼ぎたい人向け!】アフィリエイトASP審査難易度比較2022年版

MetamaskでPolygonネットワークが重いときの対処方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT

こんにちは、のまち(@bokunomad)です。

OpenseaやNFTゲームなどでMetamaskからPolygonを使っているとたまにトランザクションが動かないことはないでしょうか。

ここ最近は特にNFTやGamefiの盛り上がりもあってその多くは処理に時間がかかっているため発生している現象です。(ときたまPolygonネットワーク全体に不具合が起きていることもありますが)

普段なら1~2分で終わる処理なのにいつまでたっても動かない。PolygonScanでトランザクションを確認してもずっとPendingのまま。

そんなときは一度 Polygon RPC URL変更を試してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Polygon RPC URL変更方法

1. ブラウザ右上のMetamaskを選択

2. アイコンを選択して「設定」を選択

3. 「ネットワーク」を選択

4. 「Matic mainnet」を選択

※人によっては「Polygon Mainnet」だったり異なります

5. RPC URLを下記に変更して「保存」を選択

新規 RPC URL: https://polygon-rpc.com

もし↑のRPC URLをすでに設定済みの場合は下記の代替RPC URLも使用可能です。

引用元:Polygon公式リファレンス

Network | Polygon Technology | Documentation
Build your next blockchain app on Polygon.

まとめ

ガス代を追加で支払わなくても、RPC URLを変更するたったこれだけの作業でトランザクション処理が進むこともあります。

私の時は1時間待っても動かなかったトランザクションが変更して2~3分後に終わってました。

PolygonやMaticでの処理に時間がかかっているときは、まずはRPC URL変更を試してみてください。