Google Search Consoleはアクセスアップに絶対登録必要なツールの1つ

Google Search Console」とはGoogle検索のパフォーマンスを表示してくれる公式の無料ツールです。以前まではGoogleウェブマスターツールと呼ばれていました。

Search Consoleを活用することでユーザーが検索しているキーワードを知ることができます。キーワードを知ることでもっと価値のある記事の生産に繋げることができます。

今回はSearch Consoleの機能の中でもこれだけは使ってほしい。知ってほしい機能だけを紹介します。

スポンサーリンク

ここだけ最低限見ればバッチリな3つの項目

seo_access_tech_10_1-minseo_access_tech_10_1-min

これがGoogle Search Consoleの管理画面です。パッと見ですぐ分かるシンプルデザインとなってます。

上部にはGoogleからのメッセージが表示されていて、何かサイト内にエラーがあったりするとここに届きます。エラーがあると検索結果表示に響きますので、すぐに対処しましょう。

検索キーワードを知るための「検索アナリティクス」

seo_access_tech_10_2-min

自サイトにどういったキーワードでアクセスしたのか簡単に調べることが出来ます。

ページごとにデータ表示もできるので、このページではこのキーワードで来て欲しいと戦略を考えるのに役立ちます。

自分が想定していなかったキーワードでアクセスされていることもあるので、定期的にキーワードをチェックするのが大切です。

外部からのリンクは「サイトへのリンク」

seo_access_tech_10_3

他サイトから自サイトへのリンク(外部リンクと言います)をチェックできます。完全なデータではなく、Googleのクローラーが発見したリンクのみの表示です。

SEO的には外部からのリンクが多いサイトほど「有益なサイト」と評価されます。

定期的にチェックするべき項目ですね!

これだけは特に絶対使ってほしい「Fetch as Google」

seo_access_tech_10_4-min

今回1番超初心者の方には使ってほしい機能がこの「Fetch as Google」です。

前回の書いた記事「SEOとは検索エンジンに見つけてもらうためのテクニック」でGoogleがクローラーというプログラムを走らせることでサイト情報を取得して、そのデータをデータベースに登録、アルゴリズムにて順位付けをして検索結果にサイトが表示されることを説明しました。

つまり検索結果に表示させるためには自サイトにクローラーを来てもらうのがまずは第一の条件となります。

「Fetch as Google」はGoogleに自サイトにクローラーを走らせてくださいと申請する機能なのです。特にこの機能は新しくサイトを作った際や、大きくサイトレイアウトを変更した際に効果を発揮します。

使い方は簡単で、画面中央の赤いボタンの「取得」もしくは「取得してレンダリング」を押すだけです。

seo_access_tech_10_5-min

そして赤枠内の「インデックスに送信」を押します。たまにすぐにはクロール(クローラーがサイト上にプログラムを走らせることをクロールと言います)されないことがあるので、時間を置いてからまた確認しましょう。

seo_access_tech_10_6-min

その後「私はロボットではありません」項目にチェックして送信ボタンを押します。これでインデックスの登録対象としてURLが送信されます。

seo_access_tech_10_7

「Fetch as Google」機能を使うと本当に早く登録されます。他の機能がちょっと難しいと思う方でも最低限この機能だけでも使うようにしましょう。

まとめ

Google Search Consoleは登録することで確実にインデックスされるスピードも早まりますし、ユーザーがどういった「検索キーワード」で自サイトにたどり着いたのか知ることが出来ます。

検索キーワードさえ知ってしまえば、次はもっと詳しい記事を書こう!違う切り口で紹介する記事を書こうかな。と色々対処することが可能になります。

自分にはまだ早いとか。設定が難しいとか思われがちですが、意外と一部分の機能だけなら設定は簡単です。

まだSearch Consoleに登録していないのであれば、この機会に登録しておきましょう。

Google Search Console

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを