SEO的にはブログ記事の文字数は何文字ぐらいがいい?

こんにちは、のまち(@bokunomad)です。

前回の記事で中身の無い中身の薄いコンテンツを量産するのはSEO面でよくないと説明しました。

ブログ更新頻度って何回ぐらいがちょうどいい?絶対毎日じゃなくても大丈夫。

では文字数が多くて分厚いサイトが1番いいのか?というと絶対的にそうではありません。

サイトの中には少ない文字数でも上位表示されているサイトはあります。

スポンサーリンク

文字数が増えると自然にキーワードも増えていく

一般的には文字数が多いサイトは、内容も深くユーザーが検索するであろうキーワードを多数ちりばめています。

さらに専門的な内容であったり、ユーザーが求める答えに応える内容となっていることが多いです。記事を書いている内に文字数も比例して増えてくるということですね。

内容の深いコンテンツ(=文字数も多い)はGoogleが提唱する「高品質のコンテンツ」を自然と提供しているということです。

そこまで文字数に神経質になる必要はない

もし運営しているサイトが比較サイトであったり情報量が必要なサイトでない限りはそこまで文字数を気にする必要はありません。

実際に私が運営している別ブログでもサービス紹介ページであれば3000~4000字近くになりますが、早く伝えたくて仕方がない内容であれば、画像は1~2枚ほどで400字ぐらいで投稿しています。完全にスピード重視です。

インデックススピードは多少は前後しますが400字前後のページでも2~3日でインデックスされています。

ただしブログ開設初期であれば記事内容・文字数うんぬんを考えるよりも、まずは記事数を増やしていくことに力を入れた方がいいでしょう。ある程度のサイトボリュームがないとそもそもサイト情報を集めるクローラーがあまり来てくれないからです。

テクニックに悩むよりもまずは手を動かして記事数をとにかく増やしましょう。

あえて文字数を挙げるならば

最低でもやはり「400字」は必要でしょう。原稿用紙1枚分ですね。本当に最低限の文字数です。これだけないと起承転結で内容書くのが逆に難しいです。

もし400字も書けない!と思うならば、その題材でコンテンツを書くより違う題材を選んだ方がいいでしょう。

ちなみにこのページはだいたい1000字ちょっとです。見出しが3つぐらいになるとこれぐらいになります。

それでは、文字数は多いに越したことないけど、文字数は自然についてくるの記事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを