【本気で稼ぎたい人向け!】アフィリエイトASP審査難易度比較2022年版

【NFTやるなら必須】Metamask(メタマスク)の使い方・導入方法を画像付きで解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
NFT

こんにちは、のまち(@bokunomad)です。

この記事ではNFTゲームやDefi系サービスでほぼ必須なMetamaskについて解説と実際の導入方法について画像付きで説明します。

これからNFT関係が一般に普及して伸びてくる可能性が非常に高いことからMetamaskは入れておくに越したことはありません。

実際に私もNFT売買をするOpenseaと連動させて使用していますし、BombcryptoなどのNFTゲームにも連動させています。

まだ使っていない方はぜひこれを機会に導入してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Metamaskとは

MetaMaskMetamaskとは仮想通貨イーサリアムやトークンなどを管理する仮想通貨ウォレットのことです。 ChromeやFirefoxなどのブラウザに拡張機能として追加したり、スマホアプリとしてインストールすることで利用可能です。

Metamaskを導入することでNFT売買を行うOpenseaを使ったり、BombcryptoやBombminesなどのCrypto系のゲームと連動させられます。

Metamaskを使うメリット

日本語対応のため分かりやすい

Metamaskは日本語対応しているため使い方がひと目で分かりやすいのが特徴です。

他の仮想通貨ウォレットでは日本語対応していないことが多く、いまいち使い方が分からないこともありますがMetamaskでは言語で迷うことはありません。

シンプルで使いやすい

操作画面がシンプルで分かりやすいため直感的に操作が可能です。Metamaskのトップ画面には最初からよく使う昨日である「購入」「送金」「スワップ」が中央に配置されています。

初期設定も画面に表示されるガイドに従って操作を行えばつまづくこともないでしょう。

無料ですぐに利用可能

Metamask自体は無料で利用可能です。ChromeやFirefoxといった対応ブラウザを使えば拡張機能として追加できますし、スマホアプリとしても無料で提供されています。

様々なサービスと提携可能

MetamaskはOpenseaやBombCryptoやPancakewapなどのサービスと提携可能です。

Metamaskを入れておけばよほどマイナーなサービスでなければ提携可能ですので、どの仮想通貨ウォレットを入れてよいか悩んでいる方はまずはMetamaskを入れておけば問題ありません。

Metamaskのデメリット

使い方を間違えると仮想通貨を紛失する

Metamaskそのもののデメリットではありませんが仮想通貨を送金する際に、送付先アドレスを間違えたり、異なったネットワークへ送ってしまうと二度と取り戻せない恐れがあります。

現実のお金であれば送付先に何とかして連絡をして送金しなおしてもらうといった対応ができなくもないですが、仮想通貨の場合は誰も手出しすることができなくなります。使い方には細心の注意が必要です。

Metamaskの導入方法

Metamaskの導入方法を画像付きで説明します。大きく分けると下記手順で導入します。

  • Chromeウェブストアで拡張機能「Metamask」をインストール
  • ウォレットの初期設定
  • パスワードとリカバリーフレーズを入力

Chromeウェブストアにアクセスして「Chromeに追加」を選択

 

「Metamask」を追加しますかウインドウが表示されるので「拡張機能を追加」選択

 

少し待つと「Metamaskにようこそ」ウインドウが表示されるので「開始」選択

「Metamaskが初めての場合」ウインドウが表示されるので右側「ウォレットの作成」選択

「MetaMaskの品質向上へのご協力のお願い」ウインドウが表示されるので、「同意します」「同意しません」どちらかを選択

「パスワードの作成」ウインドウが表示されるのでパスワードを入力。使用条件の左側にチェックを入れて「作成」選択

「ウォレットの保護」ウインドウが表示されるので「次へ」選択

「Secret Recovery Phrase」ウインドウが表示されるので中央のカギアイコンを選択して「次へ」選択。アカウント復元に使用するためシークレットフレーズは別に保管しておく。

リカバリーフレーズは絶対に第三者に教えてはいけません。

リカバリーフレーズを保管したかテストが始まるので、リカバリーフレーズと同じ順番で単語を選択する

「おめでとうございます」ウインドウが表示されるとMetamaskの初期設定はすべて完了です。

Chrome右上のMetamaskを選択するとアカウントが確認可能

まとめ

Metamaskは仮想通貨イーサリアムやNFTゲームに使用する各種トークンの管理に便利なウォレットです。

導入も簡単ですし無料で利用可能です。これを機会にぜひMetamaskを導入してみてください。