【IPO】名南M&A(7076) M&A事業×名証セントレックスは初値上がりは難しいか?

スポンサーリンク
資産運用

こんにちは、のまちです。

今回は名南M&A(7076)のIPO案件について紹介したいと思います。

名南M&A(7076)案件紹介

名南M&A(7076)はM&A取引プロセスの中の「提携条件の調整」「契約書類の作成」「取引の実行」などクライアント支援を行う「M&A仲介業務」を行っております。
主に東海地方にて多くの地銀や信用金庫と業務提携を結び営業基盤を築いています。

名南M&A株式会社
名南M&Aについてのご案内です。名南M&Aは、友好的なM&A支援を通して、地域社会を活性化します。東海・近畿エリアを中心とした専門チームが、 クライアントの経営課題に寄り添って、事業の更なる発展に貢献します。無料相談実施中。

想定発行価格は「1610円」です。個人的には「1700~1800円」を予想しています。

また名証セントレックス上場予定です。

ブックビル期間抽選結果上場日
11/14~11/2011/2112/2
公募株式数ブックビルディング方式オーバーアロットメント合計
180,000260,00066,000506,000株

IPO当選発行株式数は「506,000株」と少し少なめです。

発行数は絞っているのですが、東証やマザーズに比べて上場基準のゆるい名証セントレックスへの上場のため初値は上がりにくいと思われます。

新規発行による資金調達で得た資金の使用用途は「人材採用費・教育費用」「セミナーやDM発送の広告宣伝費」「自社ホームページのシステム開発費」に充足予定です。

基本的には全額を運転資金に充てられるようです。

-2015/92016/92017/92018/92019/6
売上高(千円)251,381367,847455,382469,260727,896
経常利益(千円)56,1014289148,53933,903260,436
純利益(千円)33,86328,07732,65322,993171,010

名南M&A(7076) 当選発表

証券会社申込数抽選結果
SBI証券100株-
岡三証券100株-
みずほ証券100株-

※抽選結果が分かり次第追記します

まとめ

名南M&A(7076)は発行株式数が少し少なめですが、やはり名証セントレックス上場であることと事業内容の目新しさのなさから、あまり価格は上がらないものと思われます。

しかし関西の地方金融機関との提携や、大阪市西区に大阪オフィスを開設することから関西方面にも力を入れていくことは明確であるため、長期で保有するのも悪くないとも言えるでしょう。

SBIポイント目的でSBI証券からひとまず申し込んでおくのもありでしょう。

タイトルとURLをコピーしました