【おすすめ】「難易度別」アフィリエイトASP審査難易度比較2019年版

【IPO】ウィルズ(4482)株主向けサービス×マザーズ上場は発行数が少なく当たれば大きそう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
資産運用

こんにちは、のまちです。

今回はウィルズ(4482)のIPO案件について紹介したいと思います。

ウィルズ(4482)案件紹介

ウィルズ(4482)の事業形態は株主優待商品交換サイト「プレミアム優待クラブ」など株主管理プラットフォーム事業の運営です。

機関投資家マーケティングプラットフォーム「IR-navi」や投資家とのコニュニケーションの企画、作成を行う「ESGソリューション」といったサービスも扱っています。

WILLs
株式会社ウィルズの公式サイトです。ニュースリリースやサービスに関する情報をご紹介しています。

想定発行価格は「910円」です。個人的には「2300~2800円」を予想しています。

また東証マザーズ上場予定です。

ブックビル期間 抽選結果 上場日
11/29~12/5 12/6 12/17
公募株式数 ブックビルディング方式 オーバーアロットメント 合計
100,000 220,000 48,000 368,000株

IPO当選発行株式数は「368,000株」と少なめです。

発行株式数が少ないため当たればかなりの利益が出るものと思われます。東証マザーズへの上場も後押ししてくれます!

新規発行による資金調達で得た資金の使用用途は「プレミアム優待倶楽部、及びIR-naviのシステム開発資金」に充てられます。

今後機能拡充をしていく方向でしょうか?保守費用の可能性もありますが。

2014/12 2015/12 2016/12 2017/12 2018/12
売上高(千円) 388,549 340,544 386,971 650,125 1,161,24
経常利益(千円) 15,743 △28,521 △50,088 55,984 107,710
純利益(千円) 1,653 △34,191 △57,964 3,532 121,822

メインのプレミアム優待クラブの収益の仕組みが「システム売上」+「ポイント売上」ストック型の収益モデルのため収益面は安定していると思います。

ウィルズ(4482)当選発表

証券会社 申込数 抽選結果
SBI証券 100株
大和証券 100株
みずほ証券 100株
マネックス証券 100株
楽天証券 100株

※抽選結果が分かり次第追記します

まとめ

ウィルズ(4482)はストック型の収益モデルを持つ、いわゆる固い事業モデルを扱うため非常に安定感を感じられます。

また発行株式数をかなり絞っているため初値は上昇しやすいと思われます。想定発行価格が910円と安いこともあり、当選倍率は上がりますが当たればでかいという案件でしょう。

SBIポイント目的でSBI証券からひとまず申し込んでおくのもありでしょう。