【IPO】マクアケ(4479)クラウドファンディング×マザーズ上場は期待できます

スポンサーリンク
資産運用

こんにちは、のまちです。

今回はマクアケ(4479)のIPO案件について紹介したいと思います。

マクアケ(4479)案件紹介

マクアケ(4479)の事業形態はクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」の運営です。

他に新製品の企画実現のためのパートナーマッチングやプロジェクト戦略立案といった製品開発領域にかかるインキュベーションサービス支援を行う「Makuake Incubation Studio」も行っています。

株式会社マクアケ(Makuake, Inc.)
マクアケは「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」というビジョンを掲げ、日本最大級のクラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」を中心とした各種支援サービスを展開しています。

想定発行価格は「1550円」です。個人的には「2000~2500円」を予想しています。

また東証マザーズ上場予定です。

ブックビル期間抽選結果上場日
11/26~12/212/312/11
公募株式数ブックビルディング方式オーバーアロットメント合計
980,0001,565,000381,7002,926,700株

IPO当選発行株式数は「2,926,700株」とかなり多めです。

テーマはクラウドファンディングで東証マザーズ上場といい組み合わせですが、発行株式数が多いためどうしても重い印象が拭えません。ものすごく価格が上昇することはないと見ています。

新規発行による資金調達で得た資金の使用用途は【事業サービス強化のためのシステム開発および改修」「人材採用費」「借入金の返済」に充てられる予定です。

-2016/22017/22018/22019/22019/8
売上高(千円)245,033373,704445,033694,139377,134
経常利益(千円)105,796248,427199,157344,530184,417
純利益(千円)67,558161,459131,734232,349121,025

売上高も着々と伸びている様子から、独創的なアイデアや技術をもつユーザーと支援するユーザーを取り持つ事業創造プラットフォームとして、どれだけ存在感を示しながら同業他社と差別化できるかがポイントと言えるでしょう。

マクアケ(4479)当選発表

証券会社申込数抽選結果
SBI証券100株-
SMBC日興証券100株-
みずほ証券100株-
マネックス証券100株-

※抽選結果が分かり次第追記します

まとめ

マクアケ(4479)はクラウドファンディングという比較的新しいテーマかつ東証マザーズ上場と上がりやすい組み合わせを持っています。

発行株式の多さが若干足を引っ張る印象を受けますが、そこそこ上がると思われます。

SBIポイント目的でSBI証券からひとまず申し込んでおくのもありでしょう。

タイトルとURLをコピーしました