Railsチュートリアルを最後まで。第1章 Hello, world!からGitまで

こんにちは、のまち(@bokunomad)です。

先日ようやくProgateのRuby on Railsコースが終わり、Railsの登竜門であるRailsチュートリアルをスタートすることとなりました。

自分への備忘録も兼ねて経過を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

1.3.3 MVC

Railsの構成は「Model」・「View」・「Controller」の3つから成り立っている。

コントローラーはユーザーからのリクエストを処理してビューが生成したHTMLをユーザーに返してくれる。

動的なサイトであればモデルがデータベースとやり取りをしてデータを引き出し、ビューがまたHTMLを作成してユーザーに返す。

1.3.4 Hello, world!

render html:とすると直接文字列を表示する使い方となる。

ルートURLにアクセスしたときにhelloアクションが呼ばれるようにする

演習3のgoodbyeアクションも追加してみる。ルーティング割り当て先もgoodbyeに変更する。プレビュー画面で変更されたことを確認。

1.4 Git

ほぼ必要不可欠なバージョン管理システムであるGit。

最初に設定するセットアップ。一般公開されるデータなので本名は避けたほうが無難かも。

ファイルの状態などを記録するリポジトリの作成に必要なinitセットアップ。実行するとディレクトリ内に.gitファイルたちが作成される。

git addでファイルをリポジトリに追加。

「-A」は全てのファイルを追加するオプション。addすることでコミット(リポジトリに反映させること)する前の状態であるステージング状態になる。

git statusでステージング状態の表示。

git commitでファイルをコミットする。

-m “メッセージ”でコミットにメッセージを残せる。メッセージを残すことで「何をしたのか」が見えるようになるため必須。

1.4.2 Gitのメリット

間違えてファイルを削除してもcheckoutコマンド復旧できる。=ローカル環境に最新のコミット状態を適用させることで元に戻してる。

まとめ

まだまだ基本中の基本ですが大事なところ。確実に理解しとくことが大切。

それでは、Railsチュートリアルを最後まで。第1章Hello, world!からGitまでの記事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを