Audibleでお風呂に入りながらの読書が捗る

こんにちは、のまち(@bokunomad)です。

個人的に「Audible」でオーディオブックを聴くのが密かなマイブームです。

文字を読むのが億劫なときでも聴く読書ならビジネス書でも自己啓発本でも何故か聴けちゃうので、本を読みたいけど時間がないなーって人はぜひオーディオブックで聴くのがオススメです!

ちなみにわたしは入浴前の筋トレ(ダイエット中なのです笑。そのうちまた記事書きます)と入浴中にながら聴きしてます。

Audibleだと月額1500円で聴き放題なので価格的に続けやすいですよ!それに初回登録のみ1ヶ月無料体験ありますしね。

それでは最近聞いた中から良かったものをいくつかピックアップしましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1週間で8割捨てる技術

筆者が実際に行なっている捨てるルーチンを場面ごとに詳しく説明されているため実践的で役に立つ。1 in 1 out の言葉が非常に印象的だった。

1つ買ったら1つ手放す。買ってばかりだとモノは貯まる一方であり、ミニマリストが目指す自分の理想とする生活を最小限で実現するとは離れてしまう。そこで何かを手に入れたら1つ手放していく1 in 1 out の考え方。

モノが増えなければ、無駄なことに思考をはせる必要はなくなり自分のやりたいことに集中させることができる。捨てる技術といっても考え方はいろいろなことに応用できそうだと思った。

1分で頭のなかを片付ける技術

考え方としてはinboxに近いのかなと思った。

いつも頭の中がごちゃごちゃなんだったらそれを頭という思考回路からメモという外部ストレージに一旦移動させて、改めて優先順位を付けようという方法。

あとは好きか嫌いかの2択に絞るのはシンプルで実践しやすい方法。

自分を変える習慣力

小さいこと目標を繰り返すことで、「がんばってやる」から「やらないと落ち着かない」に持っていくことができる。この段階に来て始めて習慣として身体に身についたと言える。

多くの本に書かれていることだが、結局は習慣に関する自己啓発本はこの部分に集約されるのかなと思った。

自分を操る超集中力

考え方、食事、睡眠といった集中力に関わるキーワードについて分かりやすく紹介されている。

1番印象に残っているのは集中力=ウィルパワー(Will Power 意思力)として説明されているところ。集中力は睡眠により貯められて、日々の意思決定により徐々に消耗される。選択を間違えたり、考えが鈍るのは集中力がなくなるから。

良い睡眠や良い食事を摂ることで集中力の総量を増やして、意思決定をできるだけ減らすことで集中力の無駄遣いをなくして、ここぞというときに集中してパフォーマンスを発揮させることが肝心。

最強の睡眠!ハイパフォーマンス!超集中!とかの言葉が好きな人にはオススメしたい本です!笑

一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか(要約版)

取り入れたいと思ったのは日々の生活に「水」と「フルーツ」を追加するフルーツデーを入れる方法。

コーヒーや栄養ドリンクを飲むのをフルーツに置き換えるだけでカラダのコンディションが改善される。要約版なので食事についてのみ。本編も読んでみたい。

行動する勇気

何事にも興味を持ち、勇気を持って「YES」と行動することが大事。

やるかやらないのかで迷うならYESと考える事。行動を起こすことがチャンスを手繰り寄せる最大の近道であり、自分を成長させてくれる。

自分のやりたいことに悩んでいるときに読むと後ろから一歩押してくれるような、力とやる気が出る本でした。

日本でいちばん大切にしたい会社

会社は誰のために存在するのか?会社を経営する目的は、社員とその家族・外注下請け先・顧客・地域社会・株主のためと紹介されており、まず第一に社員が喜びと幸せを感じることで周りの人々や社会が幸せになれる。

社員が幸せだと外注先や顧客、地域社会がどのように幸せになれるのかをたくさんの会社の例にして紹介されている。

日本理化学工業の例など正しい経営とはこういうことか!と非常に胸を打たれた。

 

Audible」も面白いんですけど最近実は「Febe」もかなり気になり始めています。Febeは書籍ごとに課金なのでAudibleよりはコストがかかります。

でもサイト見た感じだと読みたいビジネス書が多いのも正直なところなんですよね…また使ってみたら記事にしたいと思います!

それでは、Audibleでお風呂に入りながらの読書が捗るの記事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを

書籍Audible書籍

Posted by ノマチ