2月に読んだビジネス書・自己啓発本の感想まとめ

こんにちは、のまち(@bokunomad)です。

スポンサーリンク

教養としての宗教入門 基礎から学べる信仰と文化

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教、儒教、道教、神道と代表的な8つの宗教についてサラッと基礎的な知識が習得できます。

ふだんの生活になんとなく宗教観が入っていることを「薄い」宗教、ガッツリ信仰レベルに思い入れがあることを「濃い」宗教と表現して説明しているため頭の中で引っかることなく内容が入ってきます。

宗教をほぼ知らない方でも止まることなく読めるため「入門」に最適でしょう。

史上最強の哲学入門

難しい書き方が一切なく、1人あたり5~10ページで解説されているため31人分投げずに最後まで読み切れます。

真理・国家・神様・存在と4つジャンルに分けて時系列にそって紹介しているのも理解を助けてくれます。本書で興味を引く哲学者を見つけて、文庫本で知識を深める。こういう使い方がベストでしょう。

世界一やさしい ブログの教科書 1年生

初心者〜中級者ブロガー必見です。

特に先輩ブロガーの成功パターンが学べる第2章が素晴らしいです。この章を読むためだけに買ってもいいぐらいです。

「gori.me」「わかったブログ」「男子ハック」「ノマド的節約術」といった超有名ブロガーさんのブログ運営で気をつけていることや収入を得る方法は、そんな考え方もあるのか!と読んでいてすごく面白く参考になりました。

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。 20代で身につけたい本の読み方80

1ページに1つ読み方が紹介されており、合計80もの読み方を知ることができます。

「行動力」「コミュニケーション力」「勉強力」「仕事力」「経済力」「成長力」「買い方・読み方」と多岐に渡り明快な文章で短めなため、すらすらと読みやすいです。

「1分間立ち読みして1ワードでも引っかかれば買う」「20代のうちに30代、40代の予習をしておく」→今後の読書に取り入れたいキーワードでした。

読書への意欲を後押ししてくれるタイプの本です。なぜ読書をするのか?と悩んだ時に開くといいでしょう。

レバレッジ・シンキング

成果を最大限に発揮するための4項目。「労力」「時間」「知識」「人脈」についてのレバレッジ・シンキング的ノウハウが書かれています。

目標達成に向けて必要なこと不必要なことが見えてくるゴールを最初に定めるやり方や、作業の行動する前にまず段取りを考えたり計画することで時間に投資をして時間を生み出すレバレッジスケジューリングなど。効率的に成果を出す方法・考え方が多方面に渡って紹介されているので参考になります。

私は本に書かれていた「時間割作り」を日々の生活に取り入れました。平日・休日でムダにしている時間が結構あることを視覚化することで気づくことができました。学生みたいですが壁に貼っておくことで今この時間は何をする時間帯なのか一目で分かるようにしています。

巻末にはレバレッジ・シンキング50項目のチェックリストも付いているため習慣化したい人はぜひ!

それでは、2月に読んだビジネス書・自己啓発本の感想まとめの記事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを