リンク切れチェックはおまかせ!WordPressプラグイン「Broken Link Checker」

こんにちは、のまち(@bokunomad)です。

ページ数が多くなってくるとリンク切れチェックって面倒ですよね。20~30ページぐらいならまだしも100ページを超えるとさすがに骨が折れます。

それにリンク切れはSEO面でも具合が悪くGoogleから悪い評価を受けかねません。

そんなリンク切れに早く対応したいときの心強いプラグインが「Broken Link Checker」です!

スポンサーリンク

Broken Link Checkerとは

Broken_Link_Checker1-min

Broken Link Checkerとは自分のサイト内で設置したリンクがリンク切れを起こしていないか定期的に巡回してチェックしてくれるプラグインです。

さらにリンク切れしたリンクには自動的に打ち消し線まで引いてくれる機能まで付いてます。

インストール・有効化だけでもう使える

「プラグイン追加」の右上検索ボックスで「Broken Link Checker」で検索します。インストールして有効化しましょう。1度リンクのチェックが始まります。

Broken_Link_Checker2-min
初期設定でも使えます

「設定」→「リンクチェッカー」から設定画面が開きます。もしリンクエラーが検出されたときは「ステータス」に○○個のリンクエラーを発見しました。と表示されます。

リンクエラーが検出されたときに通知させたいときは「メールで通知」の「新たに検出されたリンクエラーについてメール通知を受け取る」にチェックを入れてください。

実際のエラー修正画面

Broken_Link_Checker3-min
Youtubeのリンク切れも検出してくれる!

さきほどの○○個のリンクエラーを発見しました。を押してもいいですし、「ツール」→「リンクエラー」からでも編集画面に移動できます。

エラーがでているリンクの少し下にカーソルを持っていくと「URLを編集」が表示されるので押すとリンク編集画面が表示されます。URLを正しく修正したら更新を押すだけで修正は完了です。

いちいち記事編集画面を出さなくても編集できるのがとにかく便利です!

たまーーにですが誤検出することもあります。そんなときは「リンクエラーでない」を押してあげましょう。

まとめ

Broken Link Checkerは自動でリンク切れを検出してくれる超便利なプラグインです。SEOの観点から見てもサイト規模に関わらずほぼ必須のプラグインでしょう。

シンプルで使いやすいリンクチェック系プラグインをお探しならぜひ「Broken Link  Checker」を使ってみてください。

それでは、リンク切れチェックはおまかせ!Wordpressプラグイン「Broken Link Checker」の記事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを