iPhone7 Plus周りの周辺グッズをAnker製品で揃えてみました。

2月 13, 2017

こんにちは、のまち(@bokunomad)です。

先日携帯をiPhone7 Plusに機種変更しました。ソリッドステートボタン(旧ホームボタン)の押し心地にようやく慣れてきて今はちょっと小気味よく感じます笑。

新しいスマホ・携帯に変えてまず必要になるのが保護フィルムと保護ケースですよね。事前に注文しておいたグッズも届き装着してみたので使い心地をお伝えします。

スポンサーリンク

Anker GlassGuard

Anker GlassGuard_1

Anker GlassGuard_2

今回保護フィルムとして「Anker GlassGuard」を購入しました。いわゆる保護ガラスなやつです。

ちなみにAnkerとはモバイル周辺機器メーカーの中でも安くて高性能を地で行く、まさに悩んだらAnkerといってもいいぐらい最高のメーカーです。AmazonでもAnkerで調べるとモバイルバッテリーから充電器まで幅広く扱ってますよ。

実際他の保護ガラスも見ようと思いましたが、「Anker製である」「タイムセール799」「強化ガラスである」とこの3つのキーワードだけで即ポチりました笑

ちょうどよいバランス

Anker GlassGuard_3

ガラスの厚みは0.33mmと厚すぎず薄すぎずのちょうど良い厚みです。画面に付けて触るとツルツルでタップ感度も問題ありません。

強いて言うならガラスの横幅がディスプレイ幅ほぼギリギリってところでしょうか。ちょっとでも貼る箇所がズレると数ミリ単位ですが画面カバー出来ていない部分が出来ます。

そんなAnkerの保護ガラスですが記事掲載(1月27日16時現在)では参考価格1999円がタイムセール799円です。安い笑。

ほんとに保護ガラスも安くなりましたよね。iPhone5使ってたぐらいの頃って保護ガラスは家電量販店で3000円超えしてる製品がほとんどだった気がします。安くて良い物が買える時代になりました。

Anker SlimShell

Anker SlimShell_1

Anker SlimShell_2

保護ケースはこの基準で選びました。「無色透明」「ポケット内でひっかからない」「手帳型ではない」。これに該当したのがまたもやAnker製保護ケース「Anker SlimShell」でした。

特に個人的に重要なのがポケット内でひっかかない部分です。シリコンタイプはひっかかってそもそもポケットに入りにくい。かといってプラスチックタイプはホールドしにくい。となるとTPU(ポリウレタン型)採用ケースしかない。

本当は実際に触って感触を確かめてから買いたかったんですが時間の関係上もうポチってしまいました。

ポケットに入れやすい保護ケース

Anker SlimShell_3

Anker SlimShell_4

届いたカバーを付けて見るとすごいしっくりきました。シルバーの本体カラーにピッタリ合いますし、そこまで厚さが増すこともない。プラスチック並にツルツル滑らずにほどよくホールドできますし、引っかかることもなくポケットに入ります。非常に満足です!

上下角も固めのTPE素材なんで角落ちしても気持ち安心です。もう画面割れは勘弁してほしい!

ちなみにこちらも参考価格2599円がセール価格1099円とお安くなっています。

まとめ

機種変更の際に必須アイテムである保護ガラスと保護ケース。良い物を今回は買えました。しかもたまたまセールで安く買えたんでラッキーでした。

何日か新しいiPhone7 Plusを使ってみてからまた所感を書きたいと思います!

それでは、iPhone7 Plus周りの周辺グッズをAnker製品で揃えてみました。の記事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを