圧倒的な没入感テキストアドベンチャー4作目「LIFELINEホワイトアウト」

1月 28, 2017

今回紹介するのは極寒の吹雪の中で目覚めた主人公と連絡を取り合い、物語を進めていくテキストアドベンチャー作品4作目「LIFELINEホワイトアウト」です。今さらテキストアドベンチャー??と思った人は侮るなかれ。没入感がすごいのです。

スポンサーリンク

感情移入ができるテキスト群

LIFELINE ホワイトアウト

本作は基本的にテキストベースで進んでいくアドベンチャー作品です。いわゆるアクションパートはありません。主人公である「V.アダムズ」から送られてくる通信内容だけでゲームは進みます。

プレイヤーが介入できるのはあくまで会話の中で選択する”アドバイス”だけです。選択した内容を元にアダムズの冒険は結果は大きく左右されます。無事に生還できるのか、悲痛な最後を遂げるのかは選択肢次第です。

リアルタイム通知で体験を共有

LIFELINE ホワイトアウト

アダムズが何かを探したり作業をしている際は「待ち時間」が発生します。この待ち時間の存在が絶妙で、本当にアダムズが向こう側で冒険をしていて、こちらのアドバイスを待っているという感覚を生み出してくれます。

これまでおもしろくて夢中になるゲームをたくさんプレイしてきましたが、自分の生活にここまで入り込んで来たのは Lifeline が初めてです。このゲームはスクリーンの枠を越え、私の実体験の一部になりました。- Eli Cymet, Gamezebo ※AppStoreより抜粋

プレイアビリティも確保

LIFELINE ホワイトアウト

ゲームオーバーもしくはエンディングを1度でも迎えることで「高速モード」をオンにすることができます。これは待ち時間を無しにしてサクサクと内容を読み進めることができる機能です。

本当はオフにしてじっくりと進める方が良いのでしょうが、どうしても時間がなくて先を早く見たい!とりあえずクリアしたから他のルートを見たい方には便利です。

まとめ

LIFELINE ホワイトアウト

「LIFELINE」シリーズ4作目である「LIFELINEホワイトアウト」ですが、今回の主人公は1作目・3作目であるタイラーとはまた違う厳しい状況にたたされた立場にいます。物語前半が結構死亡フラグが多い印象を受けました。シリーズ恒例ですが寝るときは暖かくしましょう。

前作からの繋がりはないため初シリーズプレイでも問題なくプレイできるためオススメです。アクションやRPGに飽きてきたらテキストアドベンチャーはどうでしょうか。

Lifeline:ホワイトアウト
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: 無料

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを