記事作成代行使うならキャンペーン経由してお得に発注しましょ。

アフィリエイトで「外注」は必要な先行投資

アフィリエイトで利益を上げるに当たって避けては通れないのが「記事外注化」です。

外注を上手く利用することで記事作成を外部に委託・代行して、自分はそれを上手く編集・投稿するだけといった環境を作ることができます。

キャンペーンを利用することで文字単価を抑えることができるので活用できるものは使っていきましょう!

スポンサーリンク

Shinobiライティング

shinobiライティング

記事作成代行と言えばここがまず出てくる大手クラウドソーシング「Shinobiライティング」。

ジャンル・記事タイトル・キーワード指定だけでも発注できるのでとにかく急いでいるときにも使えます。納品もマイナーキーワードでもない限り早いです。

「通常発注」と「エクセル発注」がありエクセル発注の方がNGキーワード指定できたり、使用キーワードが10コまで選択できたりと高機能。文字単価は一緒。

アフィリエイトB」に登録して管理画面から発注すると文字単価が0.8円になります。通常は1文字1円です。

文字単価 1円→0.8円
記事タイプ 説明文・体験談・雑学、お役立ち・紹介文
選択可能ジャンル 健康・美容・ファッション・求人・医療・住宅・IT・恋愛・美術・保険・お悩みなど33項目
文末形式 「です・ます」調・指定なし
本文文字数 200文字〜2000文字
登録ライター人数 312456人

サグーワークス

サグーワークス

ライティング専門のクラウドサービス「サグーワークス」。

サイトリニューアルしたのか雰囲気が以前とグッと変わりました。

安価な「オンライン発注プラン」と専属記事ディレクターが担当する「オーダーメイドプラン」の2つの発注方法があります。

コピペチェックに加えて人力による目視チェックがあるのが特徴です。

A8.net
」会員になってキャンペーンサイト経由だと文字単価0.75円~で発注可能です。ちなみに通常だと0.8円です。めちゃくちゃ安いですね。

文字単価 0.8円→0.75円
記事タイプ 説明文・体験談クチコミ・コラムハウツー
選択可能ジャンル テレビ・エンタメ・ゲーム・副業・スポーツ・ダイエット・自動車・ペット・悩み・ビジネスなど33項目
文末形式 「です・ます」調・「だ・である」調・指定なし
本文文字数 50文字〜5000文字
登録ライター人数 142048人

CROWD記事作成

CROWD記事作成

クラウドサービスを提供するCROWDのビジネスパッケージの1つにSEOライティング「CROWD記事作成」があります。

業者向けサービスにも見えますが、普通に個人でも利用可能です。

プランは目視チェックなし「Basic」・目視チェック付き「Professional」・複数条件設定可能な「Unlimited」の3プランです。

記事タイトル・リード文・見出し1・本文1・見出し2・本文2・見出し3・本文3・要約まとめとそれぞれの構成パーツごとに最小文字数・最大文字数を指定できるのが特徴です。

ただ段落設定ができるかちょっと不明です。今度注文して試してみたいと思います。

1番安価な「Basic」で0.8円です。「アクセストレード」に登録してアフィバックモールから利用すれば18.3%キャッシュバックがあるのでお得です。

SEOに最適な高品質記事の作成代行【クラウドソーシング】

文字単価 0.8円~
記事タイプ ライター向けに作成する際のポイントや補足を指示できます。
選択可能ジャンル 美容・ビジネス・不動産・地域・保険・医療・求人・通販・レジャーなど28項目
文末形式 説明文(主観表現可)・説明文(主観表現禁止・体験談・紹介文・コツハウツー・指定なし
本文文字数 110文字〜5300文字
登録ライター人数 952万人(リアルワールドサービス全体会員数)

REPO

REPO

10記事単位から注文を受け付けているクラウドソーシング「REPO
」。

「クラウド修正なし」・「クラウド修正あり」・「セミプロ」・「プロ」の4つの注文方法があります。

「クラウド修正なし」注文だと目視チェックまでで誤字脱字チェックはありませんが文字単価0.5円と破格です。

ただ注文方法がTHE問い合わせフォームから注文する形式のため、他のクラウドソーシングサイトに比べると古臭さを感じます。

文字単価 0.5円〜
記事タイプ 明記なし
選択可能ジャンル 基本的にオールジャンル対応
文末形式 「です・ます」調
本文文字数 500文字
登録ライター人数 17万人以上(公式サイトより)

まとめ

今回紹介したのは記事作成代行サービスでした。クラウドソーシングサービスとは違い直接受注者とメッセージのやり取りがないのが特徴です。

まだ外注をしたことがない人は記事作成代行サービスからスタートしてある程度クラウドに慣れてから、「ランサーズ」や【クラウドワークス】への発注にチャレンジしてはどうでしょうか。

それでは、記事作成代行使うならキャンペーン経由してお得に発注しましょ。の記事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを