言葉の壁を技術が破る!イヤホン型翻訳ガジェット「Pilot」

クラウドファンディングサービス「INDIEGOGO」にて登場したあるガジェットが話題になっています!何と耳に付けるだけで入ってきた言葉が翻訳されて聞こえてくるという、もう知らない言語圏の旅行も大丈夫やん!な新ガジェットです。

pilot

スポンサーリンク

その名は「Pilot」

2017年に発送するバージョンでは英語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語に対応するみたいです。

その後2017年夏から秋にかけてドイツ語、ヘブライ語、アラビア語、ロシア語、スワヒリ語、アフリカ系言語、そして東アジア言語に対応言語を拡大する予定です。

東アジア言語は主に、中国語、朝鮮語、ベトナム語、日本語といった意味が含まれているので日本語対応もありうりますね。

<追記 9月4日>

よく見たら画像の中にJapaneseって書いてますね。たぶん対応予定なんでしょう笑

pilot_language

海外旅行も行きやすくなりますね

コンセプト自体は2014年から構想していたようで、2015年にアーリープロトタイプ翻訳システムの着工。2016年3月にはソフトウェアのプロトタイプ、4月にデザインのプロトタイプが完成して、今年の5月に「INDIEGOGO」のプレオーダーキャンペーンに載せることが出来たようです。スピード感がありますね。

色はレッド、ブラック、ホワイトの3色です。レッドがいいかなー。

今プレオーダーから注文すると2017年5月に届く予定です。記事作成現在(9月4日0時)では$199の基本セットと$879の5コセットしか残っていません。イヤホン型翻訳ガジェット「Pilot」がほしい方はお早めにどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを