自分のメールアドレスが流出しているか検索できるサービス「Have I been pwned?」

1月 28, 2017

クラウドサービス「Dropbox」の個人情報6800万件が流出したことで今話題になっていますね。どうやら私が使っているメールアドレスも流出していたみたいです。

大手サイトでも残念ながらハッキングやヒューマンエラーによって個人情報流出事件はたびたび起きてしまいます。そこで自分の登録しているメールアドレスが過去に流出したことがあるか検索できるサービス「Have I been pwned?」をご紹介します。

スポンサーリンク

「Have I been pwned?」

Have_I_been_pwned__Check_if_your_email_has_been_compromised_in_a_data_breach
できることなら使う機会はない方がいいですよね

使い方は簡単で、中央のテキストボックスに使用しているメールアドレスやユーザーネームを入力して「pwned?」をクリックするだけです。

流出がなければ「Good news — no pwnage found!」と緑色のダイヤログと一緒に表示されれます。

no_pwned
とりあえず安心できます

しかしもし流出が確認されると「Oh no — pwned!」と表示され、過去に流出したサービス名と流出に至った経緯、流出した項目が表示されます。実際に持っているメールアドレスで検索すると流出してました。

pwned
5つのサービスで流出してます

「Compromised data」に流出項目が表示されるのですが、なかなかの致命的な流出内容です笑

Adobeのメールアドレス、パスワードヒント、パスワード、ユーザーネームとかもう完全アウトですよね。流出したサービスが分かったら早急にパスワード変更等の安全対策を行いましょう。

登録しとくと、もしもの時に早く動けます

「Notify me when I get pwned」からメールアドレスを登録することができます。登録アドレスが流出した際に通知を受け取ることができるので心配な人は登録しましょう。

ちなみに昨日話題になったDropboxの6800万件の個人情報流出の際はこんなメール内容でした。

dropbox
6800万人の1人になってしまった

情報流出が他人事ではない時代

情報流出はあってはならないことですが、今となってはよくある事件になりつつあります。自分自身で対策できる部分は自己対策しましょう。

公式サイト:Have I been pwned?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを

1月 28, 2017Webサービス情報流出Webサービス

Posted by ノマチ