ソロでプチトレッキング行ってきた「摂津峡」

3月 31, 2017

大阪府高槻市にある「摂津峡」に行ってきました!

摂津峡は大阪で初心者にオススメなハイキングコースによく選ばれます。

「大阪で初心者にもおすすめのハイキングコース8選!」

というわけで行きたい欲が抑えきれなかったのでソロでプチトレッキングしてきました。

スポンサーリンク

高槻駅からバスで約20分

バスに揺られること約20分。上の口で下車します。そこから西に少し下り道を歩いて行くと案内図がありました。地図を持ってきてなかったのでさっそく写メです。地図は大事。持ってきてなかったけど笑

摂津峡案内図
Eコースだけ距離長すぎ笑

今回のプチ山登りルートは「B」で行くことにしました。初心者なら「A」かなーって言う気もしたんですが、やはり山登りがしたい!という勢いで来たわけですので「B」を行くことに決めました。分岐5近くにある白滝も見てみたいし。

上の地図の「現在地」から西へ歩くこと20分。市内からちょっと電車で来ただけなのに、すごく田舎に来たなーと感じさせてくれる風景になってきました。やはり自然はいいなと夏はこうでないと思わせてくれます。

摂津峡2
日本の夏って感じ

入り口からすでに怪しい笑

川下にファミリーが楽しんでいる姿を横目に歩いていると案内板が見えてきました。

摂津峡3
手作り感がノスタルジーな気持ちにしてくれます

はて?入り口はどこか。立ち止まって何度も先ほど写メった地図を見直しました。何度見てもやはりここしかない。ていうか一本道やった。

考えても仕方ないので、コンクリートが積まれている右側の道っぽいところを進んでいきました。ずんずん川の横の道を進んでいきます。川遊びしているファミリーがいてるので間違いはないはず。

道なのかそうでないのかよく分からない道を進んでいきます。

摂津峡5
道間違えたと思って一度引き返しました笑

その後分岐点5にて右折してどんどん北上していくと、水の音が聞こえてきました。ようやく白滝に到着です。ここまで約20分ぐらい。

摂津峡 白滝
白滝。ミドルサイズな滝

迷いそうになる

そこからルートを進むこと約15分。分岐4に到着です。

摂津峡5
ルートが分かりにくい

このとき間違えて曲がるところを曲がらずにひたすら直進していました。約10分ぐらい歩いていて何か森が深くなってきたなーと思ったところで引き返しましたが、完全にルートEに入り込んでいました。

ヒグマが出没する情報もあったので、早めに気づけてよかったです。

正しいルートに戻って急な階段をガンガン登ること15分。キャンバスシューズで来たため足が痛くて棒のように感じました。次はちゃんとシューズ用意しないと。足回りはまじで肝心よ。

頂上へ

ようやく第2キャンプ場にたどり着くことができました。ここがいわゆる頂上にあたるのかと思います。いわゆるキャンプファイヤーを行うスペースのようで、ガラーンと中央が空いた広場になっていました。

摂津峡6
位置的に撮影ポイントではありません笑

少し休憩を取り、下山に向かいます。中央付近に書かれている「いこうよハイキングコース」を進んでいきます。

摂津峡7
青少年キャンプって響きが懐かしい

展望デッキへ

草で道が見えない中をひたすら歩いていくと、展望デッキらしきものが見えてきました。が、ここで問題発生です。スズメバチが少し先に飛んでいるのが見えました。高槻市のHPにもスズメバチ注意という記事があったのが頭をよぎります。

スズメバチがルートを外れたところを早足で通ります。次は長袖長ズボンで来よう。

展望デッキに到着しました。

摂津峡8
高い木でやはりいい写真は撮れません笑

帰り道は超急な傾斜です。行きの登った分を一気に下る勢いです。高槻市HPに記載されていた猛毒キノコ「カエンタケ」はないかと見ながら降りましたが見つけることはできませんでした。

摂津峡9
これはちゃいますよね?

さらに下ること15分ようやく分岐1の摂津峡公園管理事務所まで戻ってくることができました。ちょうどいい距離で楽しかった。でも今度はもっとちゃんと装備を整えてから行きたいですね。

帰り道に温泉「美人湯 祥風荘」もあるので汗を流したあとに温泉で疲れを癒やすこともできますよ。ちなみに泉質は炭酸水素塩泉で美人湯です。

 

各種リンク

摂津峡ウォーキングコースマップ

ハイキングコースのご案内

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを