サクッと復習。「内的SEO」と「外的SEO」の違い。

こんにちは、のまち(@bokunomad)です。

SEOには自分のサイト内で検索エンジンに優しいページ作りをすることを「内的SEO」といい、「外的SEO」とは他のサイトから自分のサイトへリンクを受けることを指します。

これまで何回かに分けて説明したSEOの内容は、検索エンジンに自分のサイトを分かりやすく知ってもらうための「内的SEO」対策についてでした。今回は「外的SEO」について説明していきます。

外的SEOとは?

「外的SEO」とは一言で言ってしまうと

質の良いリンクを他サイトからどれだけもらっているか?」ということです。

Googleはユーザーにとって有益な役に立つサイトを評価しています。一般的にリンクが多いサイトとは役に立つサイトであったり大手サイトの情報量の豊富な利便性の高いサイトであることが多いです。

みんなにもこのサイトを知ってもらいたいからリンクを貼るわけなので、やはりリンクが貼られるサイトには一定数意味を持つということになります。

リンクの数が多い≠良いサイト

ではリンクの数が多いサイトこそが有益で役に立つサイトなのか?と言うと実際そうではありません。単なるまとめサイトであったり、広告誘導ページであったりとリンク数が多い=役立つサイトでないことがあります。

まとめサイトは一般的にTwitterでのリツイートなどでリンクを集めやすい構造となっているためどうしても上位に出がちです。しかし最近ではGoogleの意向によりまとめサイト・キュレーションサイトは「質の低いサイト」と見られて検索順位を落としている傾向です。

「ホワイトハット」「ブラックハット」

中には意味のない不正リンク集を駆使したサイトが上位に表示されることもあります。検索システムの裏をついて上位表示させることを「ブラックハットSEO」と呼びます。

ブラックハットSEOは少ない時間で一気に上位表示させることができるため一部の人が行っているのは事実です。しかしペナルティなどリスクがつねに伴うためSEOに精通していない初心者は手を出さないのが無難です。

逆にGoogleのガイドラインに従って正しいWebサイト作成を行って上位表示を目指す手法を「ホワイトハットSEO」と呼びます。

アフィリエイト・ブログで長期に稼ぐのであれば「ホワイトハットSEO」手法にて上位表示を目指していきましょう。

それでは、サクッと復習。「内的SEO」と「外的SEO」の違い。の記事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを