PSVR使って仮想空間でWordPress更新しようと思ったけど予想以上にやりにくい件

2月 15, 2017

こんにちは、のまち(@bokunomad)です。

PSVR買ったときからずっとやりたかったことがあります!

それは「仮想空間上にて仕事をすること」です。

理想はPS3「ヘビーレイン」にて操作キャラクターの1人であるノーマン・ジェイデンが使っていたARI(VRコンソールみたいなやつ)を使って作業するシチュです。VR空間上にある自分の仕事場にアクセスして作業を行うってやつです。

動画見てもらうと一発で言ってることが分かってもらえるかと思います。

男性陣なら一度は考えたことがあるシチュエーションではないでしょうか。

端末を装着するだけで目の前に自分専用のデスク・道具が現れて作業を行う。
そんなことがPSVRがあればそれっぽいこと出来るのでは!?

そんなことを妄想しつつPSVR上でWordpress更新を試してみました。

スポンサーリンク

結論から言うと難ありすぎる

PSVR WordPress 更新

初めに申し上げますと、PSVR上でのWordpress更新は可能ですが、難大ありです。

出来なくはないけど、とにかくしんどいです。

文字入力がやりにくい

Apple Wireless Keyboard

記事を書くためには当然ですが文字入力が必要です。PS4上でのバーチャルキーボードだと打つスピードが遅すぎて話になりません。というわけで今回は普段もたまに使う「Apple Wireless Keyboard」を使用しました。設定から周辺機器を選択してBluetooth機器からペアリングすれば使えます。

キーボードを使って打ってみたところ改行が上手く出来ません。一応Shiftキーを押しながらEnterキーを押すと改行されますが、いちいちバーチャルキーボードが表示されてしまいます。それをEscキーもしくはコントローラーの×ボタンを押したら消えるのですがとにかく無駄な動作です。

あとワンテンポ遅れて入力されるのもストレスがちょいちょい貯まります。変換精度の悪さも気になります。ちなみにここまで打つのに20分ぐらい費やしています。

視線移動がしんどい

画面が大きいので左右への視線移動が大きくなりがちです。R3ボタンで拡大縮小してもちょうどよい倍率にならないので首が痛くなってきます。

画面サイズは小(117インチ相当、視野角54度)、中(163インチ相当、視野角71.5度)、大(226インチ相当、視野角90度)の3段階。

※PlayStation.Blogより抜粋

PSVRは上記のように画面サイズを3段階から選択することができるため、じゃあ画面サイズを小さくすれば解決では??と思い画面サイズ小でもやってみました。

が、今度は頭の動きに合わせて画面がつねに正面に表示される仕様のため酔ってしまってアウトでした。ちなみに画面サイズ大はデカすぎて見てるのがしんどいです笑

コントローラーと併用する必要あり

タグ入力-min

WordPressを知らない方へ説明しますと、見出しタグ、抜粋タグなど各種タグはエディタ上部にあるボタンもしくは、編集スタイルをテキストに変更して直打ちすることで入力できます。

上の見出しタグボタンにスティック動かして○ボタン。編集スタイル変更にもスティック動かして○ボタン。とにかく入力するにあたって必ずキーボードとコントローラーを持ち替える一手間が必要です。

うん、面倒です笑

目が痛い

当たり前ですけどモニターを普通に見ているよりも目の負担がすごいです。目の前の小さな有機ELディスプレイ上を目を上下左右に動かして、さらに首も動かす訳ですから。

とりあえず書ききった後は疲労感がすごかったです。3時間ぐらい文章書いたあとみたい。

まとめ

やはり文字入力のやりにくさが1番目につきました。作業自体は出来なくはないですがとにかくしんどいです。わざわざやることは無いかなーって感じです。

一度は夢見たVR空間上での作業ですが、残念ながら私は手を引くことにします。

もしこれだとラクにできるよ!私はこれで上手く出来た!とかあれば教えてもらえるとうれしいです。

それでは、PSVR使って仮想空間でWordpress更新しようと思ったけど予想以上にやりにくい件の記事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

@bokunomadを